介護事業者はファクタリングで資金枯渇を防ぐ

事業運営でのキャッシュフローは大切で、これがないと事業は回らないです。

日々決済のある場合、資金繰りは計画的でないとだめで、不履行となると信用の問題ともなり、納品を今後続けてもられえないなど事業の死活問題になります。


とりわけ介護事業では、保険給付の対象になるとはいえ、日常生活で使用する介護用品が膨大でこれが債務不履行が元で供給されないとなると大変です。こんな時の資金繰りのために介護保険報酬に特化したファクタリングが最適です。

ファクタリング会社のおすすめ

ファクタリングとは、業者に債権を買い取ってもらうシステムでこの場合の債権は、介護保険給付報酬で国の委託する基金が支払われる、一般の売掛債権とは違い不良債権リスクのない債権です。



なぜ特化したファクタリングがいいのかといますと、一般の売掛債権では不良債権リスクは買い取った業者が負うので、自ずとその手数料も高くなります。

一方この介護保険給付の債権は、国が保証しているので不正受給のものでない限り、支払いがなされますため、一般と比較して手数料は安く抑えれます。
但しこのファクタリングは、あくまでも繋ぎの資金繰りに使用するべきで、この報酬債権をすべて現金化してしまうのは、手数料分の収入減になるので、介護保険報酬が切り下げられたい今では、過度に用いるのは事業運営の健全化から監督官庁の指導が厳しくなるので避けたほうがいいです。
以上のことを理解して、事業の上手いキャッシュフローとして活用するべきです。