ファクタリングとはなにか

ファクタリングは、売掛債権を第三者の専門会社が買い取るというものです。

通常は売掛債権は支払いが完了するまでに時間が掛かり、その結果、キャッシュフローを滞らせる可能性があります。

資金が潤沢に有している場合にはさほど問題にはなりませんが、資金面にやや不安があったり、保有している資金に対して大きな売掛債権を利用する場合には支払う側と受け取る側双方にリスクが伴うものになります。


そこでファクタリング業者を利用することで、これらのリスクを回避することができます。

ファクタリングの比較

ファクタリングの仕組みとしては専門の事業者と契約し、サービスや商品の請求方法としてファクタリング契約することを承諾してもらいます。
この時点で売掛金が発生しますが、専門業者は契約の期日より短い期間で代金を支払うことになりますが、支払う側は期日通りの売掛金を専門業者に支払うというものです。

これにより支払う側と受け取る側はともにリスクを少なくして現金のやりとりができるメリットがあります。



これは受け取る側は現金を早期に手に入れることができるためキャッシュフローを改善することができますし、支払う側は従来通りの売掛債権の支払いで済むということになります。
なお、ファクタリングを利用する場合には手数料が必要になります。

手数料は支払う側の企業の信用力で決まるとされ、大企業の優良企業であれば10%から20%となりますが、不動産取引の場合には最大でも20%程度とされます。なお、企業や金額によって異なるため、実際には5%程度から25%程度が手数料の相場とされています。